意外と身近で、意外と使える「貸切バス」

貸切バスといえば、誰もが遠足や修学旅行、会社の旅行などでお世話になった思い出を多かれ少なかれ持っているものだと思います。
しかし、あくまで貸切バスはそうした行事の時だけにお目にかかる特別な乗り物であり、自ら手配して利用するような機会はあまりない、という方がほとんどでしょう。
しかし実は、大人数での移動の際は意外と便利で手軽に使えるものなのです。

貸切バスといっても、ミニバスやマイクロバス、小型から大型まで多種多様なタイプがあり、定員13名程度の車種から活用することができます。
発着地や経由地などを指定することができ、柔軟な行程やトイレ休憩などにも対応してもらうことができます。料金も人数割りすれば融通の効きやすさと合わせてコストパフォーマンスが良い場合も多いです。
では、実際にどんなシーンでの活用が考えられるでしょうか。

一般的にイメージしやすいのが旅行です。
旅行には移動が欠かせませんが、人数が多いと公共の電車やバスの乗り換えもまとまって動きにくく、なかなか容易ではありません。それが貸切バスなら、集合場所へ集まってひとたびバスに乗ってしまえば、乗り換え時間や誰かがはぐれてしまう心配もする必要がなく、道中も安心して楽しめます。立ち寄り場所も時間も自由自在にスケジュールを組むことができますから、複数箇所の移動や公共の交通機関ではスムーズに訪れることが難しい場所でも効率的に移動できるメリットもあります。
また移動中の車内は、同じグループの人たちだけのプライベート空間となります。
公共の交通機関のように他のお客さんへの気兼ねなく、会話を楽しんだり、各種連絡や打ち合わせ、会議、そして宴会さえもできてしまうのです。変幻自在の「移動する部屋」ともいえるでしょう。
さらに嬉しいのは、バスに備えられているトランクなどの大きな収納スペースの存在です。バスの中に荷物を置いておけるので、大きなスーツケースやお土産袋を両手に抱えることなく、ハンドバックなどの身の回り品だけを持って身軽に歩き回ることができるのも大きなメリットです。

そんな貸切バスは、旅行以外にも合宿や会社の研修、子供会や自治会などの地域活動、同窓会や結婚式・2次会での移動に、また、最近では婚活にも活用されているようです。
最寄りのバス会社に直接問い合わせてみるのはもちろん、インターネットからも全国各所のバス会社へ見積もりり依頼や予約が可能なので、新幹線や船、飛行機を降りた先の移動の手配にも便利です。
他にもいろいろな可能性がありそうな貸切バスを、これからは移動手段の一つとして頭に置いておきたいものです。